産後のバストアップの方法として、マッサージを行うという方法がありますが、これをさらに効果的にするのがバストアップクリームです。
バストアップクリームは、女性ホルモン作用のある成分や、脂肪細胞を増加させる成分などによって、育乳効果が期待でき、バストのハリや
質感をアップさせる効果が期待できます。バストアップクリームを使ってマッサージを行うことで、摩擦も軽減できるため、マッサージを
しやすくなるという効果もあります。ここでは、バストアップ効果のある成分や注意点、授乳中から使えるクリームはあるのかなどについて
ご紹介したいと思います。

バストアップに効果のある成分

ボルフィリン

人気のバストアップクリームによく使われている成分で、ハナスゲ根エキスとも呼ばれ、脂肪を増加させる成分として注目されています。
バストの90%は脂肪でできていますので、脂肪が増えることはバストアップに繋がるといえます。
ボルフィリンは、フランスの化粧品会社セダーマ社が開発した成分で、臨床試験でもバストアップ効果が実証されています。今までのバストアップクリームの成分は
女性ホルモン作用のあるものがほとんどで、バストアップ効果を促すためにホルモンに影響を与えるため、副作用の心配がありました。ボルフィリンは
女性ホルモン作用がなく、脂肪細胞に作用するため、ホルモンへの影響は心配する必要がありません。

プエラリアミリフィカ

タイやミャンマー北部に自生しているマメ科の植物の名前で、タイでは昔から更年期の女性の治療に使われていました。
プエラリアミリフィカには、ミロエステロールとイソフラボンという女性ホルモンと似た働きをする成分が含まれていて、
特にミロエステロールは女性ホルモンのエストロゲンと働きが似ています。そのため、バストアップや美肌などの女性らしさを
保つ働きが期待できます。

バストアップクリームの注意点

バストアップクリームの副作用って?

バストアップクリームの中にはホルモンバランスに影響する成分を含むものがあるため、副作用が現れるリスクがあります。
特に女性ホルモンの作用のあるプエラリアミリフィカが含まれるバストアップクリームの使用により、ホルモンバランスを
崩す場合があります。バストアップサプリと比べて、含まれる成分も少なく、経皮的に吸収されるため副作用のリスクは低いと
言えますが、効果には個人差があるため、副作用にも注意が必要です。
下記のような副作用が出る場合があります。

  • 肌荒れ
  • 頭痛
  • むくみ
  • 吐き気
  • 腹痛
  • 生理不順
  • 不正出血

さらに女性ホルモンが増えすぎることで、乳がんや子宮がんのリスクを高める可能性もあり、過剰摂取や長期の使用はお勧めしません。
また、上記の成分以外にも、バストアップクリームには販売している会社によってさまざまな成分が含まれており、成分によっては肌に合わない場合があるため、
使用前にはパッチテストを行ったほうが安全です。パッチテストは、クリームを適量、二の腕の内側に塗り、24時間そのままにして皮膚にかゆみや腫れなどの異常が
ないか確認する方法です。成分が体に合わない場合は、皮膚の異常が表れますので使用は中止しましょう。

バストアップクリームは授乳中は使えない?

授乳中は女性ホルモン作用のある、プエラリアミリフィカの入っているバストアップクリームはやめておきましょう。クリームは皮膚を通して血管に入りますので、
赤ちゃんに移行したり、母乳分泌に影響を与えることが考えられます。また、授乳中はホルモンの分泌が盛んな時期でもありますので、クリームの使用によって
ホルモンが過剰状態となり、ホルモンバランスを乱す危険があります。
授乳中からバストアップクリームを使用する場合には、女性ホルモン作用のない成分を使用したバストアップクリームで、香料や着色料などの添加物がカットされ、
授乳中から使えるという説明がちゃんとされている商品を選びましょう。バストに塗るクリームですので、赤ちゃんの口に入る可能性もあります。
授乳中はバストアップクリームの成分でバストアップするというよりは、マッサージ効果を高めるためにクリームを使用すると考えたほうがいいかもしれません。
ボルフィリンは女性ホルモン作用はないのですが、授乳中に使えるクリームとして紹介されているものの中に、ボルフィリン成分の入ったものを見つけることはできませんでした。

まとめ

バストアップクリームは、バストアップ効果のあるマッサージを行いながら使用することで、その効果が上がります。マッサージだけでも、
バストアップは期待できますので、授乳中は赤ちゃんへの影響がない、マッサージの補助としてクリームを選ぶようにし、卒乳後からバストアップ効果のある成分が
入ったクリームを使用してみてはいかがでしょうか?
産後の胸のたれを治したい!