産後のバストアップで一番気軽に行えるのがマッサージやストレッチかと思います。
新たに器具を購入することなく、今日始めよう!と思えばすぐに始められるので、
経済的で、時間も自由に行えるのが魅力ですね。ここでは、産後のバストアップに効く
マッサージやストレッチをご紹介したいと思います。

産後のバストアップのポイント

胸周りの筋肉を鍛える

バストは9割が脂肪、1割が筋肉で構成されています。バストの大部分を占める脂肪を支えるクーパーじん帯は、筋肉と違い、一度伸びると元に戻らないため、
産後のバストダウンを招く一因となっています。筋肉は、伸び縮みすることができ、鍛えることで厚みが増す性質があるため、胸周りの筋肉を鍛えることは
バストアップに繋がります。特に、バストの土台となる大胸筋と小胸筋を鍛えることで、バストの重みに負けない筋肉を付けるとともに、バストの土台を厚く
することで、バストアップ効果が期待できます。大胸筋と小胸筋は、男性だと胸板の部分ですので、太った男性と鍛えている男性を想像してもらえるとわかり
やすいかと思います。太っていると、胸がたるんで垂れた印象になりますが、鍛えると胸は引き締まり、筋肉が厚みを増してたくましい胸板ができます。
女性のバストの土台もそうなっていると考えれば、鍛えることでバストアップに繋がることは理解しやすいかと思います。

バストの循環を良くする

バストアップに不可欠なのが、女性ホルモンと栄養です。この2つをバストに行きわたらせるには、バストの血液やリンパの循環を良くすることが大切になっていきます。
バストの循環を良くすることで、老廃物が溜まるのを防ぐ効果も期待できます。同じ姿勢を続けていると、循環が悪くなってコリや痛みの症状が出るのと同じように、
バストも下着などで常に固定され、運動不足の状態だと、循環が悪くなっていきます。バストの循環の改善にはストレッチやマッサージが効果的です。

大胸筋を鍛える方法

合掌のポーズ

①姿勢をよくして、胸の前で手を合わせる(合掌:拝むポーズ)
②ひじは肩のラインまで上げて、直角に曲げる
③息を吐きながら、手のひらを押し合う(15秒くらい)
※手と手の間に雑誌や電話帳、本などの分厚いものを挟んで行うとよい。
④5回×1日3セット 毎日行うとよいですよ!
☆腕に力をいれて押すのではなく、胸の筋肉を意識して行うのがポイント!
腕に力をいれすぎると疲れます。
☆合掌のポーズのまま、手の高さはそのままで、
左右に両手のひらだけを平行移動させたり、
左右にねじったりすることをプラスすれば、そのあたりの筋肉もほぐれます!

膝つきプッシュアップ

腕立て伏せを膝をついた状態で行います。通常の腕立て伏せでも胸筋を鍛えるのには効果がありますが、女性にはきつい運動ですので
無理せず長く続けられる膝つきプッシュアップがおすすめです。10回程度でも最初はきついかと思いますので、無理のない回数から
徐々に回数を増やすと効果的です。

バストの循環を良くする方法

おっぱい体操

産後のおっぱいのトラブルを解消するために助産師の神藤多喜子さんが考案したストレッチで、バストの循環改善に効果的です。
おっぱいはずしと、おっぱいゆらしの2つの手技で構成されています。

おっぱいはずし

“熊手”で胸筋に貼り付いた おっぱいをはずして正しい位置へ
STEP1
腕をおろし、ワキを少し開きます。肩甲骨の下側からおっぱいのわきに向けて、脂肪をよせ集めるようにしながらマッサージします。10から15回行います。
STEP2
右手を熊手のような形に広げて、おっぱいをわきから鎖骨の中央に向かって、かきあげるようにして脂肪を集めます。おっぱいの下に左手を添えて、
持ち上げて軽くゆらします。このとき、右手はおっぱいから離します。10から15回行います。※右胸も同様に行います。

おっぱいゆらし

おっぱいを斜め上に 持ち上げて揺らす
左のおっぱいを右手にそっと持ち上げて、鎖骨の中心に向かって斜め上にはずませるようにゆらします。※右胸も同様に行います。
おっぱいを両手で上に 持ち上げて揺らす
両手でわきからおっぱいを少し持ち上げて、中央によせるようにし、上方にポンポンと軽くゆらします。1秒に2から3回のペースで10から15回くり返します。

まとめ

産後のおっぱいは、見るだけで溜息が出てしまい、なんとなく触ることも戸惑ってしまう場合もあるかと思います。バストアップするにはまずその変化した胸に
触れる必要があります。こんなに萎んで…と落ち込んでしまうかもしれませんが、それが今の自分の胸であることを受け止めたうえで、そこがスタートであることを
認識しましょう。妊娠前のハリのあるバストがスタート地点ではありません。現状を認識した状態でバストアップを目指せば、少しの変化でも嬉しくなるはずです。
現状よりバストアップすることを目標にして、毎日続けることが大切です。