産後の小さくなった胸をバストアップさせる方法として、バストアップブラを着用するという方法があります。
バストアップブラは、さまざまな種類があり、自分の生活スタイルに合ったものを選ぶことでより効果が期待できます。
ここでは、おすすめのブラの種類や効果・注意点や、授乳中からできるバストダウンを防ぐブラの選び方などについて
お話ししたいと思います。

バストアップブラの種類

流れた脂肪をしっかりキャッチ!

授乳中は締め付けないブラを着用する必要があるため、脂肪が胸から脇や背中などに逃げてしまいがちです。そのため卒乳後には、この流れた脂肪を
しっかり集めて逃げないようにホールドするタイプのブラがおすすめです。脂肪を流れないようにするだけでなく、下垂したバストをリフトアップする効果もあり、
産後の小さくなって下垂してしまった胸のバストアップ効果が期待できます。

おっぱい体操をブラで再現

バストアップマッサージでもご紹介しましたおっぱい体操ですが、このおっぱい体操を着用するだけで体感できるブラが「おっぱい体操ブラ」です。
日常の動作でバストが動くたびに「おっぱいゆらし」の効果が得られ、脇肉をしっかり抑える効果もあるため、バストアップ効果が期待できます。

寝ながらバストアップ

ナイトブラはご存じでしょうか?寝ている間に着用することで、胸を適度にホールドして、脂肪が逃げるのを防いだり、形が崩れるのを防ぐ効果があります。
寝ている状態と起きている状態では、重力のかかる向きや位置が違ってきますし、強い締め付けは安眠を妨害してしまいます。そのため、横になった姿勢でバストダウンを
防ぐ効果がありつつ、締め付け感が少ないナイトブラを使うことで快適に夜間もバストアップを目指すことができます。

他のタイプのブラとは違い、ナイトブラは授乳中から使用できるものもあります。授乳中からバストアップを意識されている方にはこちらがおすすめです。

バストアップブラの注意点

使い方を間違えるとこんなことに…

バストアップブラは、サイズや胸の形に合わないものを付けてしますと、胸の形が悪くなったり、あざが残ったりする可能性があります。試着して購入できればいいのですが、
実店舗がないインターネット販売のものも少なくないため、返品交換が容易であるかも購入時に確認すべきポイントです。

授乳中はバストアップブラは使えない?

授乳中には締め付けのきついタイプのバストアップブラはおすすめできません。締め付けることで乳腺を圧迫し、乳腺を傷つけたり、乳腺炎の原因になることもあり、
お母さんにとっても赤ちゃんにとってもいいことはありません。乳腺炎は、乳腺内に溜まった母乳にばい菌が増殖し炎症を起こした状態で、高熱が出たり、炎症部位を中心に激痛が
走ります。ひどい場合には注射器で針を刺して膿を吸い出したり、切開して膿を搾り出す手術を行うことになるため、できるだけ避けたい病気です。

授乳中のブラはどうするべき?

授乳中は母乳を作るために乳腺が張っているため、締め付けないタイプのブラがおすすめです。ただし、締め付けない=ゆるゆるで大きければいいというものでも
ありません。締め付けないことは大事ですが、サイズに合っていないゆるゆるのブラでは、バストを支えるという機能を果たさず、クーパーじん帯が伸びきってしまいます。
クーパーじん帯は一度伸びると元には戻らない、バストを支えてキープする大事なじん帯です。クーパーじん帯の伸びを少しでも抑えるには、サイズの合った授乳用ブラを着用し、
締め付けずに支えることが重要です。授乳中だけのためにブラを新しく買い直すのに抵抗がある方もいらっしゃると思いますが、授乳中にいかにクーパーじん帯を伸ばさないかが、
その後のバストの見た目を左右すると言っても過言ではありません。後でバストアップのためにお金や時間を費やすことを考えれば、予防に力を入れたほうが効率がいいことは明白です。
授乳用ブラを日中に、授乳中でも使える締め付けの少ないナイトブラを夜間に使用することでよりバストアップの効果が期待できます。

まとめ

バストアップブラにはいろいろな種類があるため、使う時期や状態に合わせて選ぶことが重要になってきます。授乳中であれば、サイズのあった授乳用ブラを着用しつつ、夜間は
ナイトブラを併用したり、卒乳後であれば脂肪をしっかりホールドするタイプのバストアップブラや、おっぱい体操の効果のあるブラなどを日中に使い、夜間はナイトブラを併用して
バストアップを目指す方法がおすすめです。自分に合ったブラに巡り合えれば、産後のバストの悩みから解放されることでしょう。この記事を読んだことをきっかけに購入を検討してみては
いかがでしょうか?
産後の胸が垂れる!産後の治し方とバストアップ法の全て|産前の予防法も!