出産というハードワークを終えて一息…とはいかないのが産後ママの辛いところ。産後は自分のことに加えて、
なにより赤ちゃんのお世話が優先されるため、自分のケアなんて後回しになるケースが多いことでしょう。
そんな産後ママのお悩みで多いのが、産後のバストケアです。産後すぐは赤ちゃんのために母乳が分泌されるため
バストが大きくなっていますが、授乳が終わるとサイズはダウンし、見た目も垂れた印象に…。
ここでは、産後に胸についてお話ししたいと思います。

産後の胸ってどうなるの?

サイズはどうなるの?

妊娠することによって、女性のバストはホルモンの作用で乳腺が発達し、皮下脂肪が増えるため、
妊娠前より2カップ以上ボリュームアップするとされています。そのままバストアップした状態が保てればいいのですが、
産後はホルモンの分泌が少なくなっていくため、バストは小さくなり、妊娠前よりもボリュームダウンすることが多いです。

形や見た目はどうなるの?

妊娠前の形には戻らないことが多いです。人によって表現は違いますが、垂れたり、しぼんだり、そげたりといった変化が見られます。
乳首の位置が以前より下になる、デコルテ部分のボリュームがさみしい、ハリがなくなるといった見た目の変化に嘆く産後ママも少なくありません。

バストが垂れるのなぜ?

クーパーじん帯は伸びきったが最後…

まず、バストを支えて形をキープできているのは、クーパーじん帯というコラーゲンを主成分とした網状のじん帯が、胸の脂肪や乳腺を支えているからです。
このじん帯がバスト全体を支えることによってバストの丸みができ、下垂することを防いでいます。ところが、
このじん帯は筋肉と違って伸び縮みはできないため、一度伸びると縮むことはありません。伸びたり切れたりすると
手術しない限りは修復できないのがクーパーじん帯の悲しいところです。そのため、母乳を分泌するため大きくなったバストは、
クーパーじん帯が引き伸ばされるため、卒乳して母乳の分泌が必要なくなりバストが小さくなっても、元の形には戻らないわけです。

クーパーじん帯がさらに伸びる結果に!?

適切なサイズのブラを着用しなかったり、授乳の時に赤ちゃんが乳首を下にひっぱる格好になっていたり、猫背になっている方は、
よりクーパーじん帯への負荷がかかり、よりバストが垂れる結果となります。重力や負荷をかけるだけ、クーパーじん帯は伸びますので、
できるだけ負荷を軽くするように注意する必要があります。

垂れないためにはどうすれば?

姿勢が大事

前述のように、クーパーじん帯を伸ばさない姿勢を保つことが大切です。どうしても授乳中は前傾姿勢になりがちですので、授乳クッションを使って
赤ちゃんをクッションに乗せて授乳すると前傾姿勢が改善されます。

皮膚の保湿

バストを支えるクーパーじん帯のほかに、皮膚もバストの形を保つのに重要です。皮膚は保湿することで弾力が産まれ、伸びても縮むことができます。
そのため、デコルテやバスト周りの保湿をすることはバストダウンを防ぐことができます。

ブラは必ずサイズの合ったものを常につける

妊娠中から授乳期までブラのサイズが変わった方も少なくないでしょう。自分のバストサイズに合ったブラを選ぶことはバストの下垂を防ぎます。
自分に合ったブラの選び方のポイントは以下のようになります。(ワコールマタニティより http://www.wacoal.jp/maternity/lesson/bast/top.html)
・ストラップがずれたり、くいこんだりしない
・カップの上辺が浮いたりくいこんだりしない
・アンダーがずりあがったり前後が水平になっている
・バストの底部分がワイヤーと合っている
・前中心が浮いていない

栄養をしっかり摂る

産後、女性ホルモンは徐々に低下していくため、バストが小さくなってしまいます。女性ホルモンの分泌を促す栄養を摂ることは、バストダウンを防ぐのに効果的です。
下記の食材は積極的に摂るようにしましょう。

大豆イソフラボン

大豆、納豆、豆腐、みそ、きなこなど

たんぱく質

赤身の肉や魚、卵、豆腐など

鉄分

ひじき、レバー、マグロなど

ビタミン・ミネラル

野菜、フルーツ、ナッツ類

身体をほぐす

マッサージやストレッチを行うことで、凝りをほぐすことも大切です。授乳中は特に姿勢が一定のまま数十分動けないため、肩や背中、腰の血流が悪くなります。
血流の低下は母乳の出にも関わるため、適度に運動することが大切です。

垂れたバストは戻らない?

妊娠前とまったく同じ状態に戻すのは難しいですが、さらなるバストの下垂を防いだり、バストアップする方法はいくつかあります。
マッサージやストレッチ、バストアップ効果のあるサプリ、ブラ、クリームなどがありますので、気軽に始められるものから試していくといいかもしれません。
詳しくはこちらのリンクをご参照下さい。
→《マッサージやストレッチ》
→《サプリ》
→《ブラ》
→《クリーム》
サプリメントやクリームの中には産後すぐは使用できないものもありますので、注意しましょう。

まとめ

産後の胸の変化は、女性にとって衝撃的なものとなることがあります。ある程度、先輩ママから話は聞いていたけど、
まさかこんなに…と気を落とす方も少なくないでしょう。ですが、出産や育児を頑張ったからこその変化でもあります。
かわいいわが子を育てるために頑張った証です。産後の胸の変化は仕方ないと割り切りましょう。
でも、少しでも妊娠前のバストに戻せるなら戻したいですよね。上記のような対策方法もありますので、もし効果があったら
ラッキーというぐらいで試してみてはどうでしょう?それぞれの具体的な内容については別の記事にしていますのでぜひ読んでみて下さい。