長い妊娠期間を経てようやく出会えた赤ちゃん。妊娠期間は出産のことで頭がいっぱいですよね。

大抵の皆さんは出産を一時のゴールと考えている方も多いのではないでしょうか。

特に初めての妊娠の方は出産とはどんなものなのか不安もあり産後のことまで頭が回らないという感じですよね。

出産を終えると突然経験したことのない胸の張りを感じる方が多いんですよ。

妊娠中もあった胸の張りとは訳が違うといった感じでしょうか…。

産後の胸の張りについては誰も言ってないよ~!!なんて思っている皆さん。

産後の胸の張りや解消法をお伝えしますのでこの窮地を乗り越えてくださいね。

なぜこんなに胸が張るの??

妊娠中は女性ホルモンのエストロゲンの分泌が活発で乳腺と胎盤に分泌されます。

体が赤ちゃんを育てる準備をするようになるのです。

出産で胎盤が体の外に出るのをきっかけにホルモンもプロラクチンといったホルモンが増え脳に母乳を作るように指示を出します。

プロラクチンは正常に機能しても、乳腺という道路がまだ未熟だったり、血液が過剰にとどまったりすることで胸の張りが出てきてしまうのです。

胸が張った時の対処法

まさか産後にこんなに胸が張ってしんどいなんて…と思った方!あなただけではないんですよ!

横になれないくらい胸が張ってしんどいですよね。重力をもろに感じます…。

胸が張った時の対処法は

  • 濡れたタオルで冷やす
  • 自分で搾乳
  • やっぱり赤ちゃんに飲んでもらう

この3つの対処法しかありません。

せっかくできた母乳を赤ちゃんに飲んでもらうのが一番!

なぜいいのか…。ママのためだけではありません!それは赤ちゃんのためでもあるんですよ。

張って痛いおっぱいを赤ちゃんに飲んでもらうメリット

こんなに痛いおっぱいを赤ちゃんに飲んでもらうのか…。

赤ちゃんもまだ生まれたばかり…。最初から上手におっぱいを吸うことはできません。

どんな人でも練習は必要ですよね!赤ちゃんもその一人なんですよ。

赤ちゃんにおっぱいをたくさん吸わせてあげてください。赤ちゃんはお乳を吸うのがだんだんと上手になりますよ。

痛いおっぱいを吸わせているお母さんにもメリットが!!

おっぱいが張っているのは生産と運搬、飲んでくれる赤ちゃんの量がそぐわないと胸が張ります。

特に初めての出産だったママはおっぱいも新米ママ。

母乳が通る乳管が細く、出口もすくないのです。そのためおっぱいが張るという状態なんですよ。

例えて言うと、沢山の母乳トラックが走っているのにトンネルが細く一車線しかない。しかも出口が少ないためトンネル内でトラックが大渋滞している…といったところですね。

赤ちゃんに吸ってもらうと乳管にたくさんの母乳が流れ乳管もだんだんと太くなります。赤ちゃんが吸うという刺激で出口も増えていきます。

結果赤ちゃんもお母さんもどっちもうれしい!となるわけです。

どうしても胸の張りがおさまらないときは…

赤ちゃんもまだたくさんは飲めないばかりか、吸うだけで疲れて寝てしまう…。

そんな状態でもママのおっぱいはバンバンに張ってくる…困ったことになりましたね。

どうしようもなくなったときは搾乳です。

胸が張っているのでかなりの痛みですが少し絞るだけでOKなのでやってみた方が賢明ですよ。

絞りすぎるとおっぱいが勝手に「お!たくさん在庫が無くなってる!」と勘違いしてよりたくさんの母乳を生産してしまうので

余計に胸が張るといったことに。とりあえず少しだけ搾乳という方法がいいですよ。

少しだけ…という基準がわからないかもしれませんが目安はおっぱいが少しすっきりした!程度なので自身の体とよく相談して行ってくださいね。

産後の胸の張りはいったいいつまで続くの~!!

産後の胸の張りっていつまで続くの?とお思いの皆さん。

安心してください。産後だいたい一か月あたりでおさまってきます。

生産がおおよその生産量を把握できるようになってくるのと、赤ちゃんが上手に飲めるようになってきます。

長い人でも三か月もかかりません。大丈夫ですよ!!

産後のおっぱいの注意点!

いつの間にか胸も楽になってる!と安心したママさん。胸の張りも乗り越えられてよかったですね。

でも、気を抜かないでください!注意点があります。

  • おっぱいを締め付けない事
  • ジャンクフードといった脂分が多いものは控えること
  • アイスクリーム等の糖分の多い食品はNG
  • 左右対称におっぱいをあげること

これを破ると大変なことが起こります…。

美味しいスイーツなんかを夜食べて寝ているうちにおっぱいが痛くて起きたら…おっぱいが岩のようにカチカチになって

赤ちゃんも飲めなくなっていた…なんて話になりかねません。

まとめ

産後の胸が垂れるときはどうする?
産後の胸の張りはおおよそ一か月でおさまります。今は大変ですが安心してください。

母乳育児を考えておられるママは母乳を与えているときだけは食事に気を付けてください。

できれば和食を心がけてください。洋食や揚げ物などは油脂が多く血液が粘って乳腺を詰まらせる原因です。

授乳できるほんのちょっとの期間!その期間は限られていて本当にあっという間なんですよ。

赤ちゃんとのスキンシップも兼ねて質のいいお乳をあげてくださいね。

たくさん母乳を飲んでもらってすくすく育ってくれますように…。