ママも出産ご苦労様でした。大変な陣痛を耐えてやっと近くて遠い存在の赤ちゃんと出会えましたね。

さぁ、これからママと赤ちゃんの二人三脚の生活が始まります。

そんな時に急に胸が痛い…と不安を覚えるママも多い時期。産婦人科から帰ってきて一人で赤ちゃんと過ごすママにはとても不安ですよね。

しかもその胸が痛かったらなおさら不安でドキドキします。今は胸もバランスが取れずにいるだけなので深刻に考えなくてもいいですよ。

最初は誰もが経験することで大抵の人は胸が痛くなるんです。胸が痛い時にするべきことを一つ一つご紹介していきますのでぜひ参考にしてください。

産後の胸の変化

妊娠中はエストロゲンが活躍していたホルモンですが、出産を期にプロラクチンが活発になります。

プロラクチンは母乳を作る欠かせないホルモン。脳に「母乳を作れ」と指令を出す司令塔なのです。

エストロゲンで大きくなった胸は準備万端!プロラクチンが整備された胸を使って母乳製造を行います。

プロラクチンは刺激を受けると活発に働き、刺激が少ないと作用が鈍くなります。

このホルモンの特徴は夜の方が多く分泌されるのが特徴です。夜に胸が張って痛い事が多いのはこのためです。

胸が痛い!どうなっているの?

出産を終えると2日~3日位で急激に胸が張ってパンパンになります。

プロラクチンが働き出したのでしょう。しかし血液を上手く母乳に変えられなかったり、乳腺からつながっている乳管が細かったりして母乳を上手く外に出せないでいる状態です。

産後の胸が痛い時にすること

母乳を上手く出せない状態にはいろんな原因が考えられます。

  • 出口がまだ少ない
  • 乳管が細い
  • 血液が過剰におっぱいに集まっている
  • おっぱいの奥の方で詰まっている

自分で簡単おっぱいマッサージ

少し痛いだけの場合おっぱいマッサージをすることをオススメします。

  1. おっぱいがついている元から大きく手のひらで動かす。手の全体を使っておっぱいを支えながらおっぱい全体をすくうような感じで。
  2. おっぱい全体を下から、横から斜めから①のように手のひら全体で動かしていく
  3. 乳輪近くの固くなっているあたりを人差し指と親指で押すようにほぐしていく
  4. 最後に乳首をマッサージ。固くなっているはずなので柔らかくするイメージで。

おっぱいマッサージをしたあと赤ちゃんに吸わせてみてください。赤ちゃんがおっぱいを飲みやすい状態にすることが目的です。

授乳仕方を変えてみる

いつも同じ角度で同じ姿勢で授乳してませんか。まんべんなくおっぱいを使うことをおすすめします。

  1. 横抱き、フットボール抱き、縦抱きといろいろな体勢で授乳してみる
  2. 左右5分ずつ交互に授乳してみる
  3. 吸わせながらおっぱいマッサージをしてみる

同じ姿勢だと同じ乳管や乳腺ばかりが仕事をして他の乳腺がつまりがち。乳腺のすべてをレギュラー要員にする必要があります。

せっかくできた母乳なのでぜひ赤ちゃんに協力してもらいましょう!!

自分で搾乳する

搾乳もおっぱいマッサージをしてからのほうがよく出ますし、楽になります。

搾乳は下を向いてするのと同時に肩も凝るで両方で30分以上はしないほうが懸命です。

  1. 乳輪を人差し指と親指でつまみ押すように搾乳する
  2. 乳輪を一周するようにまんべんなく行う

搾乳は次の母乳製造を促してしまうので少しスッキリした!程度にとどめておくほうがいいですよ。

母乳製造工場が勘違いしておっぱいからなくなった母乳在庫を補おうと仕事をしてしまいます。余計に胸が張ってきた…なんてことになりかねません。

授乳間隔を空けすぎない

特に産後間もないころの母乳製造工場はまだ作る量がわからなくてたくさんできたり、反対に足りなかったりと未熟な状態です。

授乳間隔を空けすぎることでおっぱいに大量に母乳が集まり過ぎて大渋滞がおこり行くにも戻るにもできない状態に。まさに八方塞がりです。

また、授乳間隔が空きすぎるとプロラクチンがサボって脳に信号を出さなくなることにもつながります。

このプロラクチンは吸うといった刺激があれば喜んで働きますが、乳首への刺激がないと途端にすぐサボります。

今の時期にせっせと授乳しておくと母乳製造工場の生産ラインが軌道にのってきます。生産の軌道にのるまでの辛抱です!!

産後間もなくで疲れているでしょうができるだけ授乳間隔を空けないよう三ヶ月までは3時間以内を目安に授乳を行ってください。

産後の胸が痛い!!一体どうなってるの??のまとめ

産後の胸の痛みはきついですよね。出産は本当にエネルギーを使う生命をかけた一大イベントです。赤ちゃんも命をかけて生まれてきた大事な命です。

この世に誕生して初めてのことばかりの赤ちゃんを守ってあげられるのは世界でたった一人…あなたです。

プレッシャーに感じてもらうと困りますが赤ちゃんにとってママは大事な生命維持装置。でも不安に思わないでください。

赤ちゃんもどんどん成長していきますのでこれからずっとこのままの生活ではありません。

3ヶ月もすればおっぱいも育ち赤ちゃんも上手に母乳を飲んでくれるんですよ。この期間は本当にあっという間!

ぜひたのしんで育児してくださいね。
産後の胸が垂れる!産後の治し方とバストアップ法の全て|産前の予防法も!